新人理学療法士(PT)"うに"が医療・介護関係のニュースなどを分かりやすく、独断と偏見で紹介しています。
▼ 看護師・理学療法師・作業療法士の受験対策はコチラ ▼

■ 面接受験に一発合格する会

・理学療法士・看護師・作業療法士などの受験面接対策は上記にまとめています

スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
スポンサードリンク
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ジェネリック医薬品
2005年12月21日 (水) | 編集 |
スポンサードリンク
最近よくCMなどで耳にする言葉「ジェネリック医薬品」
これって一体なんなんでしょう?





新薬を開発するのには研究費や人件費など
莫大なお金がかかるのは皆さん分かると思います。

そのため新薬を作った製薬会社は厚生労働省が認可されると特許となり、
特許期間中は独占して販売する事が出来ます。
これを「先発医薬品」といいます。
(って教科書に書いてます 笑)

で、その期間が過ぎた後
他の製薬会社が同じ成分を使った同種の薬を作ることが出来ます。
この同じ成分の医薬品を「後発(ジェネリック)医薬品」といいます。


なんかややこしいかも知れませんが、
作る際に研究費や人件費などがかからないため、
同じ成分のものを他の製薬会社が安く作ることが出来たもの、ということです。


慢性疾患などで使用する薬などはこれからずっと使っていくものですので、
一度聞いてみるのも必要だと思います。
(平均して2/3位にはなるそうです)

厚生省なども医療費が抑えられるので推奨しているのですが、
お医者さんの中には「薬はここの製薬会社じゃないとダメだ!」
なんていう医師もいてるらしいので(こだわり?)
聞くのにちょっと勇気がいりますよね(笑)

でもこういったお薬というのは決して安くないものですので、
一度見直したら意外と安くなった?なんてことになるかも。



banner_01.gif←タメになったら押して下さい(笑)
スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
いわゆる・・
医療業界でいう「ゾロ」っていうやつですね。
ゾロを作っているメーカーさんでも、やっぱり一流~下の方までありまして、
沢井製薬なんかはゾロでも一流でしょうねぇ・・。
ビタミン剤なんかはあまり気にしなくてもいいかもしれませんが、
そのほかは大丈夫かなぁ・・・と思ってしまいます。

えと、ブログはええ加減なことばっかり書いてますが、
臨床検査技師の免許を持っています。今は大学の研究所勤務です。
国家試験がんばってください。
2005/12/23(金) 13:58:54 | URL | にこりん #2uR1/Roc[ 編集]
コメントありがとうございます。
そういや、あのCMって厚生省じゃなくって「沢井製薬」がしてるんですよね。
医療費節約の為にもそいういう部分をもっとアピールすることも大事だと思うのですが、、、
またそちらにも遊びに生かせて頂きますね☆
2005/12/23(金) 23:44:11 | URL | うに #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。