新人理学療法士(PT)"うに"が医療・介護関係のニュースなどを分かりやすく、独断と偏見で紹介しています。
▼ 看護師・理学療法師・作業療法士の受験対策はコチラ ▼

■ 面接受験に一発合格する会

・理学療法士・看護師・作業療法士などの受験面接対策は上記にまとめています

スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
スポンサードリンク
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


専門的な職種について。
2005年12月07日 (水) | 編集 |
スポンサードリンク
最近理学療法と全然違う方向にいってしまっているので、
ここら辺で真面目な話をしたいと思います(笑)


ぷろPTさんが最近書かれた
「就職活動でだいじなことは?」を拝見させて頂いて、
前から思っていた事ですが、
専門的な職種なほど一般常識がない人が多い、というような気がします。

うには大学を卒業したあとサービス業の職種に就職していましたが、
医療分野に…特に理学療法士に興味を持ち、自分なりに調べた上で
「この仕事がしたいっ!」と思い、仕事を辞めて
来年から専門学校に行くところです。(身の上話ですいません 笑)


それまでしていた、サービス業・接客業というのは
アルバイト経験のある方も多いと思いますが、
ファミレスや居酒屋・コンビニなど身近に感じるものが多いこともあり、
一般的に認知されている職種だと思います。

また仕事をする上で専門的な知識が特に必要ないことから、
脱サラをして飲食店を始めたりする方も少なくなく、
そのような面でも比較的にやりやすい職種なのかなと思います。

ですが、
だからこそ周囲(競合店や人間同士など)との確立していくことが大切で、
また価格競争から、今は仕事をしている人の人間性を売るようになるなど、
他店と確立するため、日々切磋琢磨しています。

そのようなところですから常識や礼儀といったものはとても大切で
新卒者には勉強会を開いたり、セミナーに行って学ばせるところも多いと思います。
(うにも社会人の頃ちょくちょく行かされてました 笑)


だけど、
うには中高の教員免許を持つために教育実習をしたことがあるのですが、
(1教科だけ単位を落としてしまったので免許は持っていません (⊃д`)
教師という職業は大学で勉強し、免許を取って教員試験に合格すると、
そこでもう一人前の先生となってしまうんです。


一般の企業などでは入社後、セミナーや勉強会で一般常識を身につけたり、
職場にいっても最初は先輩や上司に教えられながら仕事を覚えて一人前になるのですが、

中学校・高校の教師は
教育実習で3週間~1ヶ月程、経験を積みますが、
いざ働くとなると、すぐに1つの教科を任され、
基本的には自分の裁量で授業をしないといけなくなります。
(同じ教科の先生方に見てもらったりするとは思いますが)


人的余裕のなさなど分からないでもないのですが、
もうちょっと研修とか勉強する機会ってないんですかね?
大学でて、すぐの22・23歳かそこらの人が、
すぐに子どもにしっかりとした物事を教えられるのかというと、
うにの意見としては正直、疑問に思います。


自由だからこそ自ら努力する方もおられるとは思いますし、
経験を積んでいく上で教師も成長していくものだと思いますが、
最近の色々なニュースを見ますし、
そう簡単にいかなくなっているのも現実ではないでしょうか。


長ったらしい文になりましたが(笑)、
専門職って専門学校や大学などから直接その仕事にだけ就くので、
礼儀や常識といった一般的なことを身につけるだけの
経験をしていないのではないかと思います。

うにもまだまだこれからですが、
常に「謙虚な姿勢」ということを心がけていきたいと思います。

banner_01.gif←良ければポチッとお願いします。
スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
そうですね、専門性を発揮する前に人であるし、社会人であるわけですね。これを忘れて、その専門的なスキルだけで全てを行おうとする誤認に問題があるような気がします。新任の教員に、定年する校長先生が一言、「絶対に先生になぅちゃいけないよ」と、この意味は自分を先生だと思すぎると、生徒を人として見られなくなということだと解釈しています。
2005/12/08(木) 08:45:40 | URL | ぷろPT #-[ 編集]
本当にその通りだと思います。専門職の前に一社会人という自覚を持って行動したいと思います。
横柄な人ってどこにでもいますから…(笑)そうはなりたくないですね。
2005/12/08(木) 19:23:10 | URL | うに #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。