新人理学療法士(PT)"うに"が医療・介護関係のニュースなどを分かりやすく、独断と偏見で紹介しています。
▼ 看護師・理学療法師・作業療法士の受験対策はコチラ ▼

■ 面接受験に一発合格する会

・理学療法士・看護師・作業療法士などの受験面接対策は上記にまとめています

スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
スポンサードリンク
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


広島県の小学一年生殺害事件について
2005年11月30日 (水) | 編集 |
スポンサードリンク
今日はふと思ったことを書きます。

広島県の小学一年生殺害事件

こういう事件ってホント胸が苦しくなります。
うには子ども好きなのでこの事件はよく見ていました。

ニュースを見ていると、
事件の手がかりになるようなものが多く発表されていたので
「近い内に捕まるんだろうな」とは思っていましたが・・・
逮捕状が出た容疑者が外国人(自称日系ペルー人)というのは、
見ていた皆さんも驚いたことと思います。



でも、こういう時に感じる驚きってなんなんでしょう?

「外国人って怖いな~」という思いからでしょうか。
もしそう考えたとするならば、
ちょっと極端すぎるんじゃないかと思います。

もちろん外国人も同じ人間なのですから十人十色です。
犯罪を犯すような人もいれば、
聖人君子のような人ももちろんいらっしゃるでしょう。
うにのような平凡な奴もいると思います(笑)

報道の際、こういう何か特徴をつけてニュースに
インパクトを与えることは報道の点からすると
分かりやすく伝える手段なのかも知れませんが、
小さな偏見をも生むような気もします。

よく感じるのは、○○容疑者には精神科に通院歴があります。
と、報道すること。

それを報道して何が言いたいのでしょうか?
その報道を見た視聴者の方々に何を伝えたいのでしょうか?

例え、それが真実であるとしても、
その内容をニュースのテロップや新聞の題名に使うのは
変な印象を与えるような気がしてなりません。


でも、、、私がもし自分の家族が何かしら被害を受けたら、
その原因の存在全てを憎むでしょうね・・・。
それを考えると上記の文は偽善なのかな、とも思います。
・・・人の心って難しいですね。
スポンサーサイト

受験対策その3☆~面接2~
2005年11月30日 (水) | 編集 |
スポンサードリンク
それでは続いて、受験時に参考にしていたブログを紹介します。

理学療法士のブログでござるよ

こちらは読んでいて、理学療法士の一面を知る事が出来、
また人の暖かさみたいなものを感じました(*^_^*)
こういう理学療法士になれたらいいなと素直に思います☆

理学療法士の一日をほのぼのと感じられるBlogです。


もう一つ、こちらは最近知ったのですが(笑)
正直、受験前に知っておけばもっと理解出来たと思います。

リハビリテーション<まじめに>一人語り

こちらのBlogは実習生に指導を行ったりする程の
経験をお持ちになられている理学療法士さん
(大先輩・・・ってか大先生ですね 笑)
が書かれているものです。

内容が豊富なので全ては読めていませんが、
一つ一つに考えさせられる事柄があり、
これから理学療法士を目指すうににとっては、
身の引き締まる思いで読ませて頂いてます。


こういったサイト・ブログを見たり、
時には質問をさせてもらったりして、
自分なりに理学療法士を理解することが大切だと思います。

・・・そんなことを言ってるうに自身、
もっともっと精進しないといけないんですけどね(笑)



詳しい受験・面接対策はこちらにまとめてます

banner_01.gif←良ければポチッとお願いします(笑)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。